二重家賃が発生しないように引越し日時を決めよう

これは何だ > 生活ネタ > 二重家賃が発生しないように引越し日時を決めよう

二重家賃が発生しないように引越し日時を決めよう

引越しでたまにあるトラブルが二重家賃です。二重家賃というのは、賃貸住宅に住んでいる人の場合に起こり得るもので、新居の家賃と現在の住まいの家賃がダブルで発生することを指します。
賃貸住宅の場合、契約した日から家賃がかかり、解約手続きには1~3ヶ月前の解約予告が必要になります。そのため、賃貸から賃貸に引越す場合は注意しないといけません。引越し日時をしっかり決めていないと、今の住まいの家賃と新居の家賃を同時に支払わなければならない事態になります。引越しで二重家賃が発生しないようにするには、今の家賃と新居の家賃を同時に支払わなければならない期間ができるだけ重ならないように引越し日時を設定しないといけません。
例えば、引越し予定がまだまだ先であるのに、早くに新居の契約をしてしまうと、新居に住まないうちから家賃が発生することのなり、今の家賃と新居の家賃を同時に支払わないといけない二重家賃が発生することになります。現在の住まいと新居の家賃を長い期間ダブルで支払うのはとても馬鹿らしく、無駄なお金が発生することになります。二重家賃が発生しないようにまず引越し日時を決めましょう。
http://www.oka-10.com/

その人や家庭の事情により、引越し作業の規模は違ってくるものですよね。
例えば、全部の作業を業者に頼むと楽できますが、その分だけ費用がかさむことになるでしょう。
単身での引っ越しなら、そうしたニーズにあった単身向けの引っ越しサービスがありますから、それを利用するのが良いです。
こうするだけでも、引っ越しのコストを大幅に削れることになりますので、そうやって浮かせたお金は、新しい生活のため残しておくと良いでしょう。